最近は病院外の薬局で薬をもらうことが多い

薬は病院外の薬局という院外処方が多くなってきました。それまでは蒲生四丁目で人気の内科は福永記念診療所内の薬局の窓口でもらうことになっていたので、診察が終わってからも、何かと待ち時間が長くて厄介でした。大阪府下で一番透析している病院外の薬局になってからは、比較的待ち時間も少なく済むようになりました。
ただ、比較的足で自由に動ける状態であればそれでも全然問題ないのですが、移動が困難で兵庫県下で一番訪問している病院外に行くのも大変といった時には困りものです。以前、卵巣嚢腫でかなり激しい腹痛が続いていることがありました。その際、薬を取りに行くのもかなり大変でした。そんな時は、病院内で時間がかかってもいいから、椅子に座って待っていたいと思いました。
ただ、病院やクリニックによっては院内処方を行っているところもまだあるみたいです。また、通常は院外処方を行っている病院であっても、私のような事情がある場合には、院内処方に切り替えてもらえる場合もあるようです。あとでそれを聞いて、そういったことがあるなら看護師さんや医師に院内処方について相談してみればよかったと思いました。