妻と行った不妊治療専門のクリニック

私は、神奈川県藤沢市在住の30歳の男性です。諦めないで!脳卒中発症後の痺れへの治療法とは先日私は妻との人工授精の為、不妊治療専門のクリニックを訪問しました。腎臓は沈黙の臓器と云われ自覚症状は現れないからそのクリニックは、不妊治療の分野では有名な所らしく、実際訪問してみると平日にも関わらず沢山の方が来ていました。それでも、県下では訪問診療ならここが完全予約制だった為、待合室の椅子が足りなくなることはありませんでした。また、待合室には無料のウォーターサーバーがあり、リラックスできるようクラシックが流れていました。
府下の訪問診療ならで任せて受付を済ますと、呼び出しブザーを渡されました。5分ほど待つと、すぐに診察室に案内されました。診察室に入ると、心筋梗塞かもと思ったら福永記念診療所がすぐに妻は人工授精の処置室に通されました。診察室に呼ばれてから、人工授精に移るのがあまりにも早かった為、妻は戸惑いを隠しきれていない様子でした。妻が処置室に居る間、私は自身の精子の検査の結果が良好だったことを聞かされました。妻は、5分ほどで処置室から出てきましたが、目に涙を浮かべていたので相当痛かったのだろうと思いました。
私はこのクリニックを訪問してみて、回転率が速く待ち時間が殆ど無かった反面、職員がやっつけ作業で仕事をしていて利用者への配慮が足りない気がしました。